2月自然観察会+自然塾レポート

2017年02月19日
IMG_2593
春一番の翌日、2月18日に2月の自然観察会が開催されました。
今日のお題は「冬芽の観察」
トップ画面はミズキの冬芽

暖かくなったら直ぐ成長できるように
冬芽の中には葉っぱや花が準備されています。
大切な冬芽を寒さと乾燥から守るために鱗芽(りんが)で覆われています。
IMG_2597
常緑樹の冬芽(シロダモ)

冬の間も青い葉がある常緑樹も春に備えて冬芽を準備済です。

こちらは花が咲きそうなスギの花芽
IMG_2590

黄色い花芽は花粉を出す雄花です。
見るだけで鼻がムズムズします・・・
冬芽以外は動物たち。まずは冬鳥。

賑やかな声がすると思ったら団体さんが居ました。
IMG_2609 (2)

黄色いマヒワの群れでした。

ピンボケですが・・・・本物はもっと黄色く見えました。
カシラダカも湿地にいました。数羽の群れです。
IMG_2630

ホオジロに似ていますが、お腹が白い。
林の下草が少ないので、哺乳類の痕跡も良く見えます。

IMG_2618

新しい足跡がありました。どなたの足跡?
シカに食われたアオキ
IMG_2605

昔、冬の間、アオキの葉を牛にやったそうです。
緑のヤママユを発見!
IMG_2622

残念、食われてました。
冬水たんぼには、ヤマアカガエルのオタマジャクシ
IMG_2625

先週は凍っていましたが無事孵化したようです。
ヤマアカガエルつながりで、衝撃写真
閲覧注意
モズのハヤニエの忘れ物
IMG_2634

午後の自然塾は、先月に続き笹薮を刈りました。
北側の空中回廊の斜面のササを一部刈ってあります。
日が差すようになった雑木林の地面(林床)が
良い方向に変わっていくと嬉しいです。