麦踏み3回目レポート

2017年02月19日
春一番後の寒の戻りの2月19日。
3回目の麦踏みが行われました。最終回です。
IMG_2654

ちょっと茂り過ぎ=種蒔きが多かった 株は、
分けつが始まっているので、踏むのをやめました。
育ちの悪い株のみ踏みます。
IMG_2657

今日も皆で横歩き。
その後は肥料をやり、土寄せをしました。
IMG_2661

子どもも大人(初心者)も頑張ります。
鍬の使い方は難しいです。重いし・・・。
先生に鍬の持ち方から指導をしてもらいました。
土寄せの終わった麦畑
IMG_2665

本格的な春になったら茎が伸びて麦の穂が出ます。
収穫は6月。梅雨の合間になりそうです。
採れた大麦は麦茶になる予定です。

2月自然観察会+自然塾レポート

2017年02月19日
春一番の翌日、2月18日に2月の自然観察会が開催されました。
今日のお題は「冬芽の観察」
トップ画面はミズキの冬芽

暖かくなったら直ぐ成長できるように
冬芽の中には葉っぱや花が準備されています。
大切な冬芽を寒さと乾燥から守るために鱗芽(りんが)で覆われています。
IMG_2597
常緑樹の冬芽(シロダモ)

冬の間も青い葉がある常緑樹も春に備えて冬芽を準備済です。

こちらは花が咲きそうなスギの花芽
IMG_2590

黄色い花芽は花粉を出す雄花です。
見るだけで鼻がムズムズします・・・
冬芽以外は動物たち。まずは冬鳥。

賑やかな声がすると思ったら団体さんが居ました。
IMG_2609 (2)

黄色いマヒワの群れでした。

ピンボケですが・・・・本物はもっと黄色く見えました。
カシラダカも湿地にいました。数羽の群れです。
IMG_2630

ホオジロに似ていますが、お腹が白い。
林の下草が少ないので、哺乳類の痕跡も良く見えます。

IMG_2618

新しい足跡がありました。どなたの足跡?
シカに食われたアオキ
IMG_2605

昔、冬の間、アオキの葉を牛にやったそうです。
緑のヤママユを発見!
IMG_2622

残念、食われてました。
冬水たんぼには、ヤマアカガエルのオタマジャクシ
IMG_2625

先週は凍っていましたが無事孵化したようです。
ヤマアカガエルつながりで、衝撃写真
閲覧注意
モズのハヤニエの忘れ物
IMG_2634

午後の自然塾は、先月に続き笹薮を刈りました。
北側の空中回廊の斜面のササを一部刈ってあります。
日が差すようになった雑木林の地面(林床)が
良い方向に変わっていくと嬉しいです。

たき火でマシュマロ焼き:レポート

2017年02月12日

快晴の2月12日。
IMG_2584

公園内には木金に降った雪が残り、作業小屋の裏は真っ白。
体験学習「たき火でマシュマロ焼き」が行われました。

竹串にマシュマロやソーセージを刺して焼きます。
マシュマロは直ぐ焦げます。
そして、気を付けないと、竹串も燃えます。
IMG_2580

使った竹串は、刈った笹です。
IMG_2578

荻野中学の生徒さんは、色々お手伝してくれました。
たき火の周りの雪を除けたり、薪を運んだり、ターザンロープの調整も。
IMG_2586
お手伝い、ありがとうございました。

冬の森を満喫した1日でした

1月自然観察会+自然塾レポート

2017年01月22日

1月21日(土)に自然観察会「冬の野鳥」が行われました。
木の葉が落ちて森の見通しが良い冬は、野鳥観察の好機です。
「えのきの広場」付近では地面に空中回廊の影が映ります。
IMG_2503IMG_2487

野鳥の気配(飛んでいる/木の中を動く/鳴き声がする/ガサガサ)を
察すると「何かいる!」と皆に知らせて、双眼鏡で観察します。
コゲラ(小さいキツツキ)が穴をあけているのが見えました。
裸眼で鳥が見えても、双眼鏡の視野に入れるのが難しいです。
鳥はじっとしていません。
カメラでの撮影も難しい。
エナガ、カワラヒワ、カシラダカ、シジュウカラ、ヤマガラ、コジュケイが居ました。
猛禽のノスリやミサゴもチラッと見えました。
IMG_2502IMG_2492

鳥以外の動物は、崖の下にトンネルがありました。
(アナグマ?の巣穴)
空中回廊の解説入れでチャッカリ暖まるクモもいました。

田んぼには、冬でも水をはっています。
水のある田んぼは、生き物の良い冬越し場所になるそうです。
すでに、ヤマアカガエルが卵を産んでいます。
IMG_2518IMG_2513
一番寒い時期に産卵とは不思議ですが、深い事情があるのでしょう。
2月中旬にオタマジャクシになるそうです。

日の当たる南向きの斜面にはキジムシロ(雉筵)や、
在来種のカントウタンポポも咲いていました。
IMG_2509IMG_2510

午後の自然塾は雑木林のササを刈りました。
手入れがされなかった雑木林にササやぶが広がっています。
薪炭を確保するための里山は、やぶになったら困るのです。
IMG_2522IMG_2521

人の背より高いササを刈り払い機で切り倒します。
そして方向をそろえて紐でくくって運び出しました。
汗だくの重労働でした。
明るくなった林にどんな植物が生えてくるか楽しみです。

麦踏み2回目レポート

2017年01月15日
1月15日は2回目の麦踏みでした。
寒~いですが、先月より育っています。
IMG_2454

坊やが自分で蒔いた場所を踏み踏みします。
おじちゃん、おばちゃん(こどもの森クラブの会員)も、一緒に踏みます。
踏んで痛んだ苗は、頑張って良く育つ・・・・不思議です。
来月に、もう1回踏んで、土寄せをします。
IMG_2460
麦踏み後は「冒険の森」で落ち葉かきをしました。
大きいビニール袋にギュウギュウ詰めます。
そして畑に運びます。
「ビニール袋が無かった頃は何で運んだんですか?」
「昔は大きい籠で運んだんだよ・・・子どももやや小さめの籠でさ・・・・」
すごい重労働だったと推察いたします。
IMG_2464
畑の落ち葉置き場(プール)。踏んで押し付けます。
お子さん泳いでいます。