7月自然観察会+自然塾レポート

2016年07月16日
涼しい梅雨の中休み、7月16日に自然観察会
「樹液に集まる虫」を開催しました。
本日も管理棟から出発。お子さんが3人参加で、
案内の「おじさん、おばさん」達は、かなり嬉しいです。

IMG_1543 IMG_1544

関東ローム+東京軽石層の地層標本も、かなりコケが生えてきました。

切り通しにニシキウツギ(低木)が咲いていました。

さて、肝心の虫が集まる木です。
公園内は「樹液酒場」に最適なクヌギが多いのですが、
歳をとった背が高く太い木ばかりです。
傷ついて樹液が出やすいのは、細く若い幹だそうです。
そこは空中回廊よりずっと高い位置なので
見やすい高さで樹液が出ている箇所がありません。
そこで、虫を集めるためにトラップを仕掛けました。
排水口ネットに果物を入れて虫を集めます。

IMG_1550 IMG_1558

唯一掛かってくれた カブトムシのメス(ありがとう) +右はオトギリソウ

残念な事に、他の場所はトラップを持ち去られたり、
中身だけ食べられたりしました。
有力容疑者はです。
次回に向けて、猿に食べられない配慮をした虫集めトラップを考案中です。
この続きは、↓こちらでお読みください。

ナナフシとセミ

2016年07月11日

空中回廊を散策していたら、手すりに得体の知れない小さな虫を発見!

ナナフシの仲間の幼虫らしいのですが、6本の脚と触角を動かして、
なんとも不思議な歩き方をするのです。
昆虫ですから6本の脚がありますが、てんでバラバラな不条理な脚の繰り出し方。
不気味なムカデの脚の動きのほうが、統一感があってまだ納得できます。
そのうえ、かなりの高速移動。
ナナフシ=枝の真似=ゆっくりではありません。

かなりの数のナナフシが居ましたので空中回廊を散策される方は、
ぜひ探してみてください。

また、「チィー」「シィー」と言うニイニイゼミの声をこの夏初めて聞きました。
高い音域なので、年上の先輩方は「聞こえない」と仰っていました。
(通常、加齢とともに高い音から聞こえにくくなります)
日常生活上、聞こえなくても支障の無いニイニイゼミの声ですが、
聞こえるうちに味わっておきましょう。

7月冒険学校+体験学習「カートンドッグ」レポート

2016年07月10日
梅雨の中休みの7月10日。
冒険学校と体験学習「カートンドッグ」が開催されました。
IMG_1497 IMG_1498
ホットドッグのをアルミ箔と新聞紙で巻き牛乳パックに入れ、火をつけると、簡単に燃えます!
燃えさしからアルミの包みを取り出して開けると、ホカホカのホットドッグ。
IMG_1504 IMG_1503
木陰の冒険の森は涼しいです。今日もターザン遊びは大人気。
8月の冒険学校は8月7日(日)です。
第1週に変更になるのでご注意ください。
体験学習は「ソーメン流し」です。

6月自然観察会+自然塾レポート

2016年06月26日
6月25日に自然観察会「梅雨に咲く花をみよう」が開催されました。
管理棟を出発して、まずは切通しの観察
IMG_1402IMG_1401
梅雨になって、一気に緑が増えました。右はオオイヌタデ。IMG_1433IMG_1442
左 トモエソウ。右 オカトラノオ。

IMG_1416IMG_1419
左 アマガエルの幼体。右 人型模様のラミーカミキリ。

勉強になって面白い自然観察会と自然塾の詳細は↓をクリック

アオダイショウだ!

2016年06月22日

トップ画像は「ヘビの絵」にしましたが、本文には写真があります。
ヘビ嫌いな方は見ないでくださいね。

ご注意
アオダイショウは毒の無いヘビですが、
噛まれると危険な菌が体内に入る可能性があります。
公園内には毒のあるマムシ、ヤマカガシも居るので
ヘビには近寄らないようにしましょう。

さて、本題。

6月20日に公園管理棟でこどもの森クラブの会合がありました。
会合が終わった直後に、自然プロジェクトのSさんが
「ちょっと長さを測るのを手伝ってくれないかな」
会議室の外に出たらもう測ってました。
ホントにあおい(緑)アオダイショウ
DSC_0031

持っている(巻き付けている)のは自然プロジェクトのリーダー

続きは↓をクリックして下さい。
あつぎ地域SNS

ヘビのウンチク?+可愛い写真?がありますよ。