田んぼが残念

2016年09月12日
img_1850
9月になって田んぼの稲穂が頭を下げ始めました。
台風ラッシュに負けずに、厚木は今年も豊作!
しかし、残念ながら、こどもの森の田は大ピンチです。
みんなで田植えを手伝った下の田がボロボロ
うるち米は全滅に近い状態です。
農業プロジェクトリーダーの推理。
大きな動物(鹿?)が田んぼに入り、涼んだついでに
稲穂の部分を食べつくした。
う~ん、残念・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無念。
こんな状況ですので、9月下旬予定だった稲刈り、掛け干し、
10月の脱穀、籾すりは中止になります。
里山真ん中の稲作は難しい!
ご先祖様たちの苦労が偲ばれました。
大型動物対策を立てて、来年も稲作にチャレンジの予定です。