こどもの森ニュースの一覧

スタッフブログ

11/6フェスタ模様を休憩場に展示してあります!

2016年12月8日

11月も残すところ、あと一週間となりましたね。

当園の木の葉も色とりどりの色に紅(黄)葉しています。

先日、11月6日に『第1回あつぎこどもの森フェスタ』が

開催された様子を休憩場に展示しました。

また当日「木のペンダントづくり」したのを飾ってあります。

kimg3322

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

当園で見掛けた仲間たちや風景を撮影した

「森のミニミニギャラリー」も展示してあります。

kimg3324

 

 

 

 

 

 

 

あつぎこどもの森クラブさんの展示もあります。

kimg3325

 

 

 

 

 

 

 

当園へ来られた際は是非、休憩場へお立ち寄り下さい!

 

あつぎこどもの森クラブ, イベントブログ

11月自然観察会+自然塾レポート

2016年11月20日

11月19日(土)は冷たい雨が降りましたが、
自然観察会と自然塾を開催しましたよ!
img_2200

本日の観察会のお題は「紅葉の色を楽しもう」です。
公園には「観るための木」は植えてないので、
鮮やかな紅葉という感じはありません。
img_2216
エノキの葉は黄色くなり、そして実がなっています。
実は「甘くないこし餡のような味」だそうです。
・・・・・味見は止めました。
img_2217

リスの道辺りは、少し赤いです。
この辺りの落ち葉の下には赤い実が無数に落ちているのです。
img_2220
この実の正体が誰も分からず・・・謎を残しました。
img_2214
本日の不思議なものは、ホオノキ(朴の木)の枝が落ちた跡。
「目」の模様なんです。怖っ!
怪獣か妖怪か悪の組織のマークにしか見えない。

img_2227
午後の自然塾は、水を抜いた溜め池の生物調査をする
予定でしたが雨のため延期。
ちょこっとだけ流れや池の動物を採集しました。
img_2237
ホトケドジョウとカワニナと・・・ハリガネムシ。
ハリガネムシはカマキリのお腹に寄生する不思議な環形動物です。
触ってみたところ、針金ほどではないけど硬いです。

一般の方が水の生き物を採集するのは危険ですので
見たい方、触りたい方は、毎月の観察会/自然塾にご参加ください。

あつぎこどもの森クラブ, イベントブログ

こどもの森フェスタレポート

2016年11月6日
快晴の11月6日
第1回あつぎこどもの森フェスタ

秋の公園で遊ぼう! が開催されました。

3プロジェクトから色々なイベント
img_2095
そしてスタンプラリー
あゆコロちゃんスタンプを集めると賞品がもらえます。
農業プロジェクト
大麦の種蒔き+芋ほり

img_2110img_2116

まずは鍬を使って種をまく溝をつくり、堆肥や肥料をまきます。
img_2106img_2107蒔くのは、六条大麦「カシマゴール」
足で両側の土を溝に寄せて完了です。
芽が出て冬になったら、強い苗を育てるために毎月「麦踏み」をします。
生育状況とともに、麦踏み予定をホームページに掲載しますので
今日、蒔いた方、「麦踏み…懐かしいな」な方、「やってみたい」方
ご参加ください。
猿に荒らされたサツマイモも収穫しました。
img_2113
なかなかの豊作。お持ち帰りいただきました。
冒険プロジェクト
焼き芋+シャボン玉+冒険学校+木のペンダント作り
img_2098
濡れ新聞とアルミに包んだサツマイモをじっくり焼きます。
img_2133
ねっとり甘い焼き芋が焼けました。
作業小屋ではシャボン玉が大人気
img_2104
折からの強風で沢山飛びました。
冒険の森では、スリリングなターザンロープ
img_2120img_2122
スラックラインも楽しいですよ
自然プロジェクト
観察会+ススキみみずく+どんぐりクラフト

img_2126ホトケドジョウやアカハライモリを観察

午後からはクラフト教室です
img_2135まずはススキのミミズク(フクロウ)作り
img_2136ススキの穂を束ねてフクロウの形にします。難しい!
続いてドングリでヤジロベエ作り
img_2142img_2139先生が集めてくださった自然素材で作ったヤジロベエ。
自由な発想で味のある良い作品ができました。
↓もう少し詳しいレポートがこちらに書いてあります↓
スタッフブログ

秋の気配

2016年10月25日

10月も残すところ、あと一週間となりましたね。

気温も下がりましたが、園内巡回するにはちょうどよい気候です(笑)

今の時期、空中回廊には落葉があり毎日、巡回するときにはホウキで

はいているのですが、はいてもはいても落葉が・・・。

お客様には歩きにくいところもあるかと思いますが、

その際には当園スタッフまで声を掛けて下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「あつぎこどもの森クラブ」の方より、

『カラスウリ』、『シオデ』を当園園内にて

見られますと管理棟入口に展示してあります。

是非、見に来て下さい!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

あつぎこどもの森クラブ

JAFのネイチャーガイドツアー

2016年10月23日

10月23日にJAF神奈川支部主催の自然観察会があり
こどもの森クラブもお手伝いをしました。
img_2078
空中回廊や園路を先生の解説を聞きながら散策します。
img_2055
ヨシの中にあるカヤネズミの巣も遠くから観察しました。
img_2061
クヌギの丘での昼食後はゲームの時間。
img_2070
目隠しして林を歩いたり、クイズ形式のゲームをしました。
img_2075
エンディングは管理棟で手紙を書きました。
将来の自分に向けての手紙です。
img_2077

スタッフブログ

カヤネズミ

2016年10月21日

先日、ご来園されたお客様より『カヤネズミの模型』をいただきました。
フェルト製の実物大で手作りです。ありがとうございました。
早速、管理棟玄関に展示させていただきました。
展示してあったカヤネズミの巣に入れてあげたい、とのお話しでした。
その巣は時間が経って形が崩れてしまい、残念ながら、少し前に展示を取りやめました。
カヤネズミの巣を採取できる機会があれば、次は巣に入れてあげたいと思います。

あつぎこどもの森クラブ, イベントブログ

10月自然観察会レポート

2016年10月15日

久しぶりの爽やかな秋晴れの10月15日。
毎月恒例の自然観察会が開催されました。
モズはギチギチ、ウグイスはチャッチャと鳴いて、BGMも秋です。
img_2032
本日のお題は「ひっつき虫のしくみ」
今日はお子さんの参加が多くて、 運営のおじさん、おばさんもワクワクです。
ひっつき虫といえば、オナモミの仲間。 さっそく採取してワッペンにします。
img_2011
このオナモミは、オオオナモミ(外来種)
在来種のオナモミは絶滅危惧種で、滅多に見ないそうです。
img_2028
小さい「ひっつき虫」は荒業で集めます。
草むらでタオルを振り回す(要おうちの方の許可)
散策後に管理棟で、集めたひっつき虫を観察しました。
タオルから外したひっつき虫を方眼紙に貼ります。
大きさも一目瞭然ですね。

その他の見どころ?。まずは小さい集団キノコ。イヌセンボンタケ。
img_2014
すべり台終点付近でミゾソバ(溝蕎麦)が綺麗です。
img_2016img_2019
切り通しのスギの子、ヒノキの子も随分大きくなりました。
自然観察会は毎月第3土曜の9時30分からです。
どなたでも参加できるので、お気軽にご参加ください。

あつぎこどもの森クラブ, イベントブログ

朴葉おにぎり体験レポート

2016年10月9日

本日の体験学習は、朴葉おにぎり体験でした。
img_1972img_1967朴葉には殺菌作用があり、古来から食器代わりに使われていたそうです。
img_1976img_1982

厚木産の「キヌヒカリ」の新米をおにぎりにします。
それを特製味噌をつけて朴葉にくるんで炭火で焼きます!
img_1986
良い感じに焼けたおにぎり(ちょっと焦げ付く)をお箸で食べました。
朴葉の香り+香ばしい味噌で食が進みました。
実りの秋を満喫しました。

スタッフブログ

10月より閉園時刻変更のお知らせです。

2016年10月6日

10月より閉園時刻が、『16:00』となりました。

また「森のすべり台」は『15:30終了』となります。

よろしくお願い致します。

kimg2623

 

 

 

 

 

 

 

 

「東入口」に『アザミ』が咲いていました。

ギザギザとしたトゲ状の緑の葉をつけ、堅い茎を持っている

アザミはキク科の植物です。

『アザミ』の花言葉は、「独立、報復、厳格、触れないで」

トゲのある姿と、すっと伸びた固い茎に由来しているとされています。

kimg2521

スタッフブログ

彼岸花が咲いています

2016年09月21日

『冒険の森』で「彼岸花(ひがんばな)」が真っ赤に咲いていました。

「彼岸花」は、秋の彼岸の期間(秋分の日を入れた前後3日間)だけに

花を咲かせることから由来しているみたいです。

赤い彼岸花の花言葉・・・情熱、再会、また会う日を楽しみになど

kimg2435

 

 

 

 

 

『えのき広場』近くの空中回廊には、

「クズ(葛)」が、あざやかな紅紫色で咲いています。

葛は根茎で増殖するため、つるの部分を刈りとっても

すぐに再生します。荒れた厳しい地でも育つことや、

薬として使われることから、

クズ(葛)の花言葉は・・・芯の強さ、活力、治癒、根気

kimg2298  kimg2300

 

当園へ散策がてら、きれいなお花も見にお越し下さい。